*当サイトは広告リンクを利用しています。

20代 30代 40代 ファッションブランド・通販

モード系メンズファッションブランド 安価~高級までおすすめで人気のブランド10選

メンズのモード系ファッションは、洗練されたデザインや独自のスタイルを重視したファッションスタイルです。

モード系ファッションは、伝統的な男性の服装の枠を超え、新しいアプローチや実験的な要素を取り入れることが特徴です。

世代によってはカジュアルやスポーティなアイテムを組み合わせたり、アレンジさせることで自由度が高まります。

大人らしく、カッコよく洗練された男性を目指したい方におすすめのジャンルです。

リーズナブルにモードファッションを楽しめるファッションブランド

モード系とは、高度なデザイン性や品質、個性的なスタイルを重視するファッションの一つで、時々アートのような表現力を持つことが特徴です。

一般的には、ハイファッションやデザイナーズブランドがモード系に分類されるため、本気でファッションにお金をかけることができる男性の特権のような印象があります。

しかしながら、ファッションとは個人でそれぞれのジャンルのテイストを愉しむためのものでもありますので、モード系ファッションをリーズナブルに楽しみたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、低価格でモード系ファッション風のスタイリングを楽しめるファッションブランドをいくつかご紹介します。

nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universe(ナノ・ユニバース)

https://www.instagram.com/nanouniverse_official/

nano・universeは、日本だけでなく海外でも人気の洗練されたカジュアルなスタイルを提供しているファッションブランドです。

一般的には、ハイファッションやデザイナーズブランドがモード系に分類されますが、その高いデザイン性と品質からモード系ファッションにも適応しています。

シンプルで洗練されたデザインだからこそどのようなシーンでも適応することが可能です。

トレンドを取り入れつつも、長く愛用できるようなアイテムを提供しており、デザインは洗練されていて実用性も兼ね備えています。

nano・universeは上質なスーツも取り扱っており、モード系ファッションのアイテムとしても使えます。

  • 価格帯:手頃~高め

 

HARE(ハレ)

HARE(ハレ)

https://www.instagram.com/hare_official/

アダストリアが展開するHARE(ハレ)は、比較的カジュアルでリーズナブルな価格帯のアイテムを提供しています。

HAREのメンズラインはシンプルでベーシックなデザインが特徴で、クラシックなスタイルやトラディショナルな要素を取り入れながら、現代のトレンドを取り入れたアイテムを提供しています。

個性的で斬新、スタイリッシュなデザイン性を併せ持つことから、モード系ファッションのスタイルを低価格で作り上げることが可能です。

モード系ファッションの入門としてもおすすです。

  • 価格帯:手頃

 

STUDIOUS(ステュディオス)

STUDIOUS(ステュディオス)

https://www.instagram.com/studious_official/

STUDIOUS(ステュディオス)は、複数ブランドを抱えている、リーズナブルな価格設定のセレクトショップです。

トレンドを押さえたファッションアイテムやハイクオリティなブランドをセレクトし、幅広いスタイルや価格帯の服を提供しています。

洗練されたデザインやクオリティの高い素材に重点を置いており、トレンドを取り入れつつも長く愛用できるスタイルを提案していることから、低価格でモード系ファッションを意識したスタイリングを楽しめるブランドの一つです。

ブランドのラインナップは幅広く、カジュアルウェアからフォーマルなスーツまで、さまざまなスタイルのアイテムが揃っています。

  • 価格帯:手頃

 

モード系ファッションで代表的なハイブランド

モードファッションは、個性的なデザイン、高品質な素材、芸術的な表現、新しいトレンドの創出など、多くの要素を組み合わせた独特のファッションスタイルです。

その品質、デザイン性、ブランドの評価などを反映して、一般的に高価格で販売されており、ステータスシンボルと見なされる傾向が高いことから、高い社会的地位やファッションに対する知識を示すとされます。

シャネル、ルイ・ヴィトン、プラダ、ギュッチ、セリーヌ、ドリス・ヴァン・ノッテンのような、ハイブランドがモード系の象徴とされるように、そんな高見を目指すモード系主体の人気ファッションブランドは以下の通りです。

Y-3(ワイスリー)

Y-3(ワイスリー)

https://www.instagram.com/adidasy3/

ブランドの概要

Y-3は、ファッションデザイナー山本耀司氏(Yohji Yamamoto)とスポーツブランドのアディダス(Adidas)のコラボレーションによって生まれたブランドです。

ブランド名の"Y-3"は、"Y"が山本耀司のイニシャルで、"3"はアディダスの三本線を表しています。

Y-3は2003年に設立され、スポーツウェアとハイファッション(高級ファッション)の融合を目指した先駆的なブランドとして知られています。

山本耀司氏のシグネチャースタイルであるドラマティックでアーティスティックなデザインと、アディダスの高品質で機能的なスポーツウェアが組み合わさり、ユニークなコレクションが生まれています。

ブランドの特徴

シンプルながらもエッジの効いたデザイン、洗練されたカラーパレット、高品質な素材感、そしてアーバンで現代的なスポーツウェアの美学を特徴としています。

革新的なデザインとテクノロジーの融合により、Y-3はストリートウェアの世界で非常に人気があり、影響力を持つブランドとなっています。

モードファッションの観点から

Y-3はスポーツウェアとハイファッションの境界をぼかし、新しいファッションの表現方法を開拓したと言えます。

高いデザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムは、日常の衣服だけでなく、芸術的な表現の一部としても見ることができます。

 

Off-White(オフホワイト)

Off-White(オフホワイト)

https://www.instagram.com/off____white/

ブランドの概要

Off-Whiteは、アメリカ出身のファッションデザイナー、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が設立した高級ストリートウェアブランドです。

アブローは、建築とエンジニアリングの学位を持つ、多様なバックグラウンドを持つクリエイターで、彼のデザインはしばしばこれらの影響を反映しています。

Off-Whiteは2013年に設立され、当初からストリートウェアと高級ファッションの間を行き来するスタイルで知られていました。

ブランドの特徴

ブランドの特徴的な要素として、引用符を使った文字列(例えば"T-SHIRT"という文字列がTシャツにプリントされている)、鮮やかな色彩、大胆なプリント、そして工業的なデザイン(特にストラップやベルト)が挙げられます。

革新的で規則破りなアプローチを用いて、ファッションの「規範」や「境界」に挑戦し続けています。

たとえば、ブランドはハイエンドのファッションショーでスニーカーやTシャツを披露し、ファッションアイテムとしてのこれらのカジュアルなアイテムの価値を再定義しました。

モードファッションの観点から

ストリートウェアとハイエンドファッションの融合により、新しいファッションのトレンドと方向性を定義していると言えます。

ゆえにモード系ファッションとして人気のファッションブランドの一つとなっています。

 

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)は、日本のファッションデザイナーであり、自身の名前を冠した高級ファッションブランドを展開しています。

モードとアバンギャルドな要素を組み合わせ、独自のスタイルを作り出しています。

シンプルで流れるようなシルエット、モノトーンのカラーパレット、ボリュームのあるデザインなどが特徴です。

服の形状や構造に重点を置き、アイテムにはしばしば大きなドレープや非対称なディテールが見られます。

また、素材の選択にもこだわり、質の高いテキスタイルを使用しています。

Yohji Yamamotoのキャリアは1970年代に始まり、彼のデザインは特に1980年代から注目を集めました。

当初はパリのファッションシーンで評価され、その後世界的な人気を獲得しました。

伝統的なジェンダーロールにとらわれないアプローチや、身体の形を隠すことで知られています。

また、日本の美学や哲学に触発された作品も多くあります。

Yohji Yamamotoのデザインは、芸術的な要素や斬新なアイデアを追求する人々に特に人気があります。

そのクラシックなデザインは、永遠の魅力を持ち、年齢やトレンドに左右されないとされています。

一方で、Yohji Yamamotoのデザインは洗練されたスタイルを追求しており、大人のファッション愛好者やクリエイティブなプロフェッショナルにも支持されています。

  • 価格帯:高級

 

COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)

COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)

https://www.instagram.com/commedesgarcons/

COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)は、日本のファッションデザイナー、川久保玲(Rei Kawakubo)によって設立された高級ファッションブランドです。

コム・デ・ギャルソンは、フランス語で「少年のように」を意味し、その名の通り、トラディショナルなジェンダーロールやステレオタイプにとらわれない斬新なデザインで知られています。

非対称なシルエット、ユニークなプリントやパターン、異なる素材の組み合わせなど、独創的で実験的な要素を含んでいます。

アバンギャルドなアートやカルチャーの影響を受けながら、ファッションの枠を超えた作品を生み出しています。

コム・デ・ギャルソンは、1970年に設立され、1980年代から国際的な注目を浴びました。

その斬新なデザインと先駆的なアプローチは、ファッション業界に革新的な影響を与えました。

ブランドは、パリのファッションシーンで高い評価を受け、その後、世界的な人気を獲得しました。

ファッションの常識にとらわれず、個性的なスタイルを追求する人々に特に人気があります。

その革新的なデザインやアート的な要素は、芸術家やクリエイティブなプロフェッショナル、ファッションのトレンドを創り出すインスピレーションを求める人々に魅力を持っています。

コム・デ・ギャルソンの人気は年代によって異なる場合がありますが、その斬新さやアバンギャルドなスタイルは、様々な世代のファッション愛好者に訴求しています。

若い世代から大人のファッション愛好者まで、個性的なスタイルを追求する人々によく支持されています。

また、ファッション業界やファッションエンスージアストにとっては、コム・デ・ギャルソンは常に注目すべきブランドとなっています。

  • 価格帯:高級

 

Ground Y(グラウンドワイ)

Ground Y(グラウンドワイ)

https://www.instagram.com/ground_y_official/?hl=ja

Ground Y(グラウンドワイ)は、日本のファッションブランドであり、ファッションデザイナーである山本耀司(Yohji Yamamoto)が手掛けるラインの一つです。

Ground Yは、ヨウジヤマモトのエッセンスを取り入れつつ、よりアクセスしやすく、カジュアルなスタイルを提案しています。

シンプルでありながらも独自の個性を持っており、流れるようなシルエットやボリューム感、ドレープが特徴です。

モノトーンのカラーパレットやアシンメトリーなディテールを取り入れ、ユニークで都会的なスタイルを表現しています。

Ground Yは、ファッション業界でのYohji Yamamotoの長年の経験と知識に基づいていますが、よりリーズナブルな価格帯で展開されています。

そのため、若い世代やカジュアルなスタイルを好む人々の間で特に人気があります。

また、Yohji Yamamotoのファッションに興味を持ちながらもアクセスしやすいブランドとして、幅広い年齢層に支持されています。

Ground Yの人気は、特に若者やストリートファッションのシーンで高まっており、若い世代には、モダンなデザインやユニークなシルエットが人気を集めています。

さらに、価格帯が比較的手頃でありながら、デザイナーブランドの要素を取り入れたアイテムを提供するため、幅広い人々にアピールしています。

Ground Yは都会的で個性的なスタイルを求める人々に人気があり、特にヨウジヤマモトのデザインに興味を持つ人々には魅力的なブランドとなっています。

  • 価格帯:高級

 

C.E(シーイー)

C.E(シーイー)

https://www.instagram.com/cavempt/

C.E(シーイー)は、イギリスのファッションブランドであり、スクリーンプリントやグラフィックデザインを中心としたストリートウェアを展開しています。

C.Eは、スタイリッシュなデザインとテクニカルな要素を融合させ、革新的なアイテムを提供しています。

モダンで都会的なスタイルを追求しており、グラフィックやロゴ、テキストなどの独自のデザインが特徴です。

ブランドは、テクノロジー、音楽、アートなどの要素からインスピレーションを受け、斬新なデザインを生み出しています。

また、高品質な素材や機能性にも注力しており、快適さとスタイルの両方を追求しています。

C.Eは、2011年に設立され、特に2010年代後半から注目を集めました。

その独自性や斬新さ、そして限定的なリリースなど、限られた数のアイテムを提供することから、コレクターやファッション愛好者の間で特に人気があります。

また、ストリートウェアやアーバンファッションが好まれる若者を中心に支持を受けています。

C.Eは、ファッションのトレンドを追い求める若い世代やファッション好きの間で特に人気があります。

その斬新なデザインとストリートカルチャーの要素は、アーティストやクリエイティブなプロフェッショナルにも魅力的です。

また、ファッションの枠を超えた個性的なスタイルを求める人々にも支持されています。

C.Eの人気は特に若い世代やストリートファッションのシーンで高まっており、限定的なリリースや独自のデザインがファッション愛好者の関心を引き、コレクターとしての要素も含まれています。

また、その独自性とテクニカルなアプローチは、ファッション業界での注目度を高めています。

価格帯:高級

 

メンズのモード系ファッションとは、どんなファッションスタイル?

モダンでエレガントなデザイン

モード系ファッションは、シンプルながらも洗練されたデザインが特徴です。クリーンなラインやミニマルなシルエット、斬新なカットなど、モード系のデザインはユニークでありながらもクラシックな要素を取り入れています。

高品質な素材と仕立て

モード系ファッションでは、品質の高い素材と丁寧な仕立てが重視されます。高級な生地や贅沢な質感の素材を使用し、繊細な縫製や仕上げにこだわります。

色使いとテクスチャーの組み合わせ

モード系ファッションでは、異なる色やテクスチャーを組み合わせて独特な表現を追求します。モノトーンやニュートラルカラーが一般的であり、コントラストやレイヤリングによって特徴的なスタイリングが生まれます。

アクセサリーや小物の重要性

モード系ファッションでは、アクセサリーや小物の使い方にも注目が集まります。洗練された時計、ベルト、サングラス、バッグなど、細部にまでこだわりを持ったアイテムがスタイリングのポイントとなります。

前衛的な要素と実験的なアプローチ

モード系ファッションは、しばしば前衛的な要素や実験的なアプローチを取り入れます。新しい形状やテクスチャー、非対称なデザイン、アートや文化のインスピレーションなど、ユニークなアイデアが表現されます。

世代別のモード系ファッションの傾向

モード系ファッションは、世代によって少し異なる着こなし方やスタイリングがあります。

20代から40代までの世代別のモード系ファッションの傾向をご紹介します。

20代のモード系ファッションの傾向

アーバンスタイルやストリートウェアの要素をモードに取り入れたスタイリングが人気です。

カジュアルな要素をベースに、トレンドを積極的に取り入れたスタイルが目立ちます。

カラフルなカラーパレットやグラフィックプリント、ユニークなシルエットのアイテムを取り入れることがあります。

スニーカーやキャップ、アクセサリーなど、小物を重視したコーディネートが一般的です。

30代のモード系ファッションの傾向

シンプルで洗練されたスタイリングが特徴で、モード系にクラシックな要素を取り入れた大人のカジュアルスタイルが人気です。

モノトーンやニュートラルカラーが主流であり、質の高い素材と緻密なディテールにこだわりたいところ。

クラシックなテーラリングやワードローブの基本アイテムをベースに、トレンド感のあるアイテムを取り入れることがあります。

上品で品のあるアクセサリーや小物を使用して、スタイリングにアクセントを加える傾向があります。

40代のモード系ファッションの傾向

40代大人の男性のモードスタイルは、シンプルでクラシックなスタイリングが特徴で、品質と快適さを重視します。

ネイビーやグレーなどのシックなカラーが主流であり、ベーシックなアイテムを中心にコーディネートします。

クラシックなテーラリングやトラッドな要素を取り入れたスタイルが人気です。

品のある革靴や時計など、高級感のあるアイテムを使用して、上品で落ち着いたスタイリングを完成させます。

モード系が似合う男性

スリムな体型

モード系ファッションは、シャープでスリムなシルエットを重視することが多いため、スリムな体型の男性には特に似合いやすいとされています。

プロポーションのバランス

モード系ファッションでは、バランスの取れたプロポーションが重要です。

適切な身長と体型のバランスを持つ男性は、洗練されたスタイリングをより魅力的に演出できるでしょう。

モード系が合わない男性

むっちりした体型

モード系ファッションは、一般的にスリムなシルエットや洗練されたデザインを重視します。

むっちりした体型の場合、モード系ファッションのスタイルに合わないと感じることがあるかもしれません。

高身長または低身長

モード系ファッションは、プロポーションやバランスを重視する傾向があります。

非常に高身長または低身長の男性は、一部のモード系スタイルに対して身体の特徴が合わないと感じることがあるかもしれません。

筋肉質な体型

モード系ファッションは、シンプルなシルエットやストリートウェアの要素を取り入れることがあります。

筋肉質な体型の場合、服のフィット感やシルエットに制約が生じる可能性があるため、モード系ファッションが合わないと感じることがあるかもしれません。

個別の身体の特徴

例えば、特に長い腕や短い脚、広い肩幅や狭い肩幅など、個別の身体の特徴がある場合、それによって一部のモード系スタイルが合わないと感じることがあります。

基本的な男性のモード系ファッションのスタイリングは?

男性のモード系ファッションの基本的なスタイリングについていくつかのポイントをご紹介します。

スリムなシルエットを選ぶ

モード系ファッションでは、スリムなシルエットが特徴的です。

身体に程よくフィットするパンツやジャケット、シャツを選ぶと、洗練された印象を与えることができます。

モノトーンやニュートラルカラーを重視する

モード系ファッションでは、モノトーンやニュートラルカラーが主流です。

ブラック、グレー、ホワイト、ネイビーなどのシンプルなカラーパレットを選ぶと、洗練された雰囲気を演出できます。

レイヤードスタイルを取り入れる

モード系ファッションでは、レイヤードスタイルを活用することで、奥行きや立体感を与えることができます。

例えば、シャツの上にカーディガンやジャケットをレイヤードするなど、異なるアイテムを組み合わせてスタイリングすると良いでしょう。

テクニカルな素材やデザインを取り入れる

モード系ファッションでは、テクニカルな素材や実験的なデザインを取り入れることがあります。

特殊な加工や素材を使用したアイテムや、ユニークなデザインのアクセサリーを取り入れると、個性的なスタイリングが可能です。

シンプルなアクセサリーを選ぶ

モード系ファッションでは、シンプルなアクセサリーを選ぶことが一般的です。

シンプルなデザインの時計、ネックレス、リングなどを取り入れると、全体のバランスを保ちつつ、スタイリッシュなアクセントを加えることができます。

靴やバッグにもこだわる

モード系ファッションでは、靴やバッグも重要なポイントです。

洗練されたデザインや高品質な素材のアイテムを選ぶことで、スタイリングの一貫性を保つことができます。

革靴やスニーカーなどのシンプルでクラシックなデザインの靴を選ぶと、モード系ファッションにマッチします。

また、ミニマルなデザインのバッグやポーチを選ぶことで、全体のバランスを整えることができます。

安くてもできる、モードスタイルでシックな大人の男性を印象付けて

モードに様々な要素をMIXすることで、自分らしい新しいモード系ファッションを取り入れることができます。

世代それぞれで傾向が若干異なるものの、モノトーンを中心とした清潔感あるコーディネートの組み立ては変わりありません。

ハイブランドや高級ブランドが注目されがちなモード系ファッションですが、安いブランドもいくつかありますので、是非挑戦してみて下さい。

世代ごとの注目ファッション通販やブランドはこちらからチェックしてください。

人気の20代メンズファッションブランドとセンス良い通販サイトまとめ
人気の20代メンズファッションブランドとセンス良い通販サイトまとめ

かっこよくて大人っぽい。 20代のメンズが求めるファッションは、幅が広くてジャンルも豊富。 モテ服から武骨系、渋谷系ファッションまで、どんなトレンドもまとめて取り入れたくなる世代です。 その状況によっ ...

続きを見る

人気の30代メンズファッションブランドとおすすめプチプラ通販まとめ
人気の30代メンズファッションブランドとおすすめプチプラ通販まとめ

30代男性のファッションスタイルの中心は、清潔感ある大人カジュアル。 職場によっては通勤ファッションとしても使える万能性を兼ねたスタイルは、いつでもオシャレを楽しめる要素として30代アラサー男性のファ ...

続きを見る

40代男性に人気のメンズファッションブランドとおすすめ通販まとめ
人気の40代メンズファッションブランドとおすすめ通販サイトまとめ

大人の男性らしく、オシャレでダンディに。 良質さと大人らしさを感じさせる40代男性のファッションは、シンプルで大人カッコよくビシっとキメたいところ。 オフィスではもちろんのこと、日常でもだらしなさの無 ...

続きを見る

おすすめのメンズファッション通販・ブランドを世代でチェック!

 

 ジャンルでチェック!

 

-20代, 30代, 40代, ファッションブランド・通販

© 2024 Boywish -ボーイッシュ-